iPhoneを使用しているとストレージ容量不足に悩まされることがあります。ストレージにはiPhone本体のストレージ容量とiCloudのストレージ容量と2種類のストレージがあります。

本体のストレージは現在保存している写真などのデータと入れているアプリなどを機能させるための容量です。対して、iCloudストレージとは過去のデータも含めた現在のデータやアプリのデータなどのバックアップ容量です。

 

大抵は、デフォルトの設定でiCloudに自動バックアップする設定になっていますので知らない内にストレージ容量はいっぱいになってしまいます。

そこで自動バックアップの設定を解除するわけですが、そうすると別の方法でバックアップを取っていかなくてはいけませんよね。

 

それが出来るアプリが「Google ドライブ」です。

Google ドライブ - Google の無料オンライン ストレージ 価格:無料
ジャンル:バックアップ
感想:無料でこの機能!




スポンサーリンク



「Google ドライブ」はGoogleのサービスのひとつですので、利用するためにGoogleアカウントが必要です。

「Google ドライブ」の使い方と登録方法

「Google ドライブ」を立ち上げます。Googleにログインする必要が有りますでのメールアドレス、パスワードを入力します。

IMG_1133   IMG_1134

 

写真や動画のバックアップの設定、アップロードサイズの設定をそれぞれ行います。

IMG_1135   IMG_1136

 

これでバックアップの設定ができました。

IMG_1137

 

「マイドキュメント」このページにファイルやフォルダを作成できます。

IMG_1139

左上の「三」をタップするとメニューが出てきました。「Googleフォト」ではすでに本体に保存中の写真のバックアップが始まっています(^^♪

IMG_1140

「🔍」はドライブ内のデータの検索です。

IMG_1141

 

右下の「+」は新規登録。となっています。

IMG_1142

 

全ての端末からアクセス出来る「Googleドライブ」

無料でバックアップを取ってくれるというありがたい機能の「Google ドライブ」ですがさらに良い機能がります。それはどの端末からでもアクセスできるというところです。

 

Googleのサービスのひとつですからアカウントさえあればどこからでも閲覧・編集可能なんです!これはかなり嬉しい機能ですよね(^^♪

 

極端に言えば、手元には何かの端末さえ持っていれば何も保管しておく必要がないということです。無くさないし、使うときに限って書類を引き出しに置き忘れた!なんてこともありません。いつでも取り出せるよう分類は工夫が必要ですが、必要な物は全て入れておけば良いんです。